太陽系の準惑星の覚え方!

まとめて覚える!

今日は太陽系にある5つの準惑星についてまとめようと思います。

準惑星とは簡単に言うと、「太陽の周りを回っていて、自身の重力で球状になっている惑星ではない天体」です。

惑星とどう違うのかはよく分かりませんが笑、どうやら5つあるようですのでクイズ対策で覚えちゃいましょう。

5つの準惑星は「冥王星」「マケマケ」「ケレス」「エリス」「ハウメア」です。
この5つの名称は、五・七・五・七・七のリズムを使って

冥王が / 負けけれども / 選りすぐる / How many? 5つの / 準惑星

と覚えましょう!
赤字の部分が順に「冥王星」「マケマケ」「ケレス」「エリス」「ハウメア」を表しています!

クイズで狙われるのは、名称・発見者・名前の由来ですので、そこを中心にまとめていきます!

 

 

発見者については、ブラウンが交互に出てくるので、「挟まれ」で表現しました。
名前の由来についても五・七・五・七・七のリズムで作ったので、参考にしてください!

覚えた方は下の問題で確認!

問題1〉
ジュゼッペ・ピアッツィによって発見された、ローマ神話における農業の女神の名前に由来する準惑星は何でしょう?

ケレス
上の覚え方で、ピアッツィ、農業は3番目だと分かるので「けれど」で表されるケレスが答えです。
正解を見る

 

〈問題2〉
太陽系の準惑星の名前にもなっている、ハワイ神話に登場する多産と豊穣の女神の名前は何でしょう?

ハウメア
実際にクイズアプリ「みんはや」に出る問題です。
正解を見る

 

〈問題3〉
クライド・トンボーによって発見された、英語では「プルート」という準惑星は何でしょう?

冥王星
トンボーもよくクイズで出されるので注意です。
正解を見る

 

〈問題4〉
イースター島のラパ・ヌイ神話における人間の創造神から名付けられた準惑星の名前は何でしょう?

マケマケ
上の覚え方で「負け」に当たる部分です。
正解を見る

 

〈問題5〉
太陽系の準惑星の名前にもなっている、ギリシャ神話における不和と争いの女神の名前は何でしょう?

エリス
エリスの発見によって、惑星の定義について物議を醸したことから争いの女神の名前がついたそうです。
正解を見る

 

いかがでしたでしょうか?
答えられなかった方は上に戻って再確認しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました