フィギュアスケートのジャンプ6種類を覚える!

まとめて覚える!

今日はクイズでも出題されるフィギュアスケートスケートジャンプの種類をまとめていきます。

今日覚えるのは「難易度・考案者(初めて跳んだ人)・その人の出身国」を覚えていきましょう!

ジャンプの種類は難しい順に「あるふるさと」と覚えましょう。(2つのルだけ注意です。)
初めて跳んだ人は、リットベルガー(ループ)とメープス(トゥループ)だけ覚えればいいので楽ですね!

上の表を覚えた方は下の問題にチャレンジしましょう。
覚えた内容を総ざらいできます。

〈第1問〉
フィギュアスケートのジャンプの中で、最も難易度が高いジャンプは何?

答え  アクセルジャンプ
「あるふるさと」の「あ」の部分ですね。ほかのジャンプより半回転多いのが特徴です。
正解を見る

スポンサーリンク

〈第2問〉
フィギュアスケートのジャンプの中で、最も難易度が低いジャンプは何?

答え  トゥループジャンプ
「あるふるさと」の「と」の部分ですね。トウループやトーループともいいます。
正解を見る

〈第3問〉
考案者の名前から欧州では「リットベルガー」と呼ばれる、フィギュアスケートのジャンプは何?

答え  ループジャンプ
ジャンプ名と考案者が違うジャンプの1つ。ヴェルナー・リットベルガーはドイツ出身でしたね。
正解を見る

〈第4問〉
その名前は「反転する」という意味の英単語に由来している、フィギュアスケートのジャンプは何?

答え  フリップジャンプ
唯一飛んだ人があやふやなジャンプです。覚えることが少なくていいですね笑
正解を見る

〈第5問〉
フィギュアスケートの中でもっと難易度が高いのはアクセルジャンプですが、2番目に難易度が高いのは何でしょう?

答え  ルッツジャンプ
「あるふるさと」の2番目の「る」ですね。ループと間違えないように注意!
正解を見る

〈第6問〉
フィギュアスケートのサルコウジャンプを考案したウルリッヒ・サルコウの出身国はどこでしょう?

答え  スウェーデン
正解を見る

〈第7問〉
フィギュアスケートのトゥループジャンプを考案したアメリカのスケート選手は誰でしょう?

答え  ブルース・メープス
ジャンプ名と考案者が違うジャンプの2つ目。メープスはフリップジャンプの考案者という説もあります。
正解を見る

〈第8問〉
フィギュアスケートのルッツジャンプを考案したアロイス・ルッツの出身国はどこでしょう?

答え  オーストリア
正解を見る

〈第9問〉
フィギュアスケートのアクセルジャンプを考案したアクセル・パウルゼンの出身国はどこでしょう?

答え  ノルウェー
正解を見る

スポンサーリンク

〈第10問〉
フィギュアスケートのジャンプで、最も難易度が低いのはトゥループジャンプですが、次に難易度が低いのは何でしょう?

答え サルコウジャンプ
「あるふるさと」の「さ」の部分ですね。ウルリッヒ・サルコウはスウェーデン出身でしたね。
正解を見る

いかがでしたか?
全問正解できなかった方は上の表で見直しましょう!

〈今日の1問〉
フィギュアスケートのジャンプの種類や回数に制限を設けるルールを、このきっかけを作ったアメリカのスケート選手の名前から通称何ルールというでしょう?

答え  ザヤックルール
アメリカのエイレン・ザヤック選手が得意のトゥループばっかり跳んで優勝したのがきっかけで制定されたルールです。
正解を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました