インドのカースト制度「ヴァルナ」の覚え方!

まとめて覚える!

今日はインドのカースト制度「ヴァルナ」の覚え方を紹介します!

正確にはヒンドゥー教社会で用いられる身分制度なのですが、ヒンドゥー教のほとんどはインド人なのでインドのカースト制度ということになります。

このヴァルナ では4つの身分階級が存在しており、クイズでも出題されやすいので覚えたいところです。

4つの身分階級は以下の通りです。身分の高い順に並べてあります。

バラモン(司祭)・クシャトリア(貴族・武士)・ヴァイシャ(一般庶民)・シュードラ(労働者)

この4つは以下のように覚えましょう。

薔薇もクシャクシャ 買収で

薔薇がバラモン、クシャクシャでクシャトリア、買でヴァイシャ、収でシュードラが表されています。

身分階級の順に並んでいるので、順に司祭・武士・庶民・労働者を当てはめれば、階級も覚えられます。

覚えた方は以下のクイズで確認しましょう!

<第1問>
インドの身分制度「ヴァラナ」において2番目の階級を指す貴族階級のことを何というでしょう?

クシャトリア
正解を見る

<第2問>
インドの身分制度「ヴァラナ」において1番上の階級を何というでしょう?

バラモン
正解を見る

<第3問>
インドの身分制度「ヴァラナ」において1番下の労働者階級を何というでしょう?

シュードラ
正解を見る

<第4問>
インドの身分制度「ヴァラナ」において2番目に低い庶民階級を何というでしょう?

ヴァイシャ
正解を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました