【今日の学び】テトリスを作ったのは誰?〜テトリスのことを知ろう〜

今日の学び

難易度★★★★☆

毎日何か1つを学びましょう!

今日の学びはテトリスの生みの親である「アレクセイ・パジトノフ」についてです。

クイズアプリ「みんはや」では以下のように出題されています。

正解率25%の難問です!

スポンサーリンク

どんな人?

:以下の写真のように、やさしい顔をしていますね。

出身:ロシアのモスクワ生まれですが、現在はアメリカに住んでいます。

年齢:1956年生まれなので、2020年現在は64歳となっています。

テトリスについての背景知識

背景知識と一緒に覚えることが記憶の強化につながります。(以下のサイトを参照)

パジトノフが開発した世界的ゲーム「テトリス」。
このテトリスについて、よくクイズで問われることを箇条書きしておきます。

  • アレクセイ・パジトノフ(露)が開発した
    「テトロミノ」と「テニス」が組み合わさった造語
  • ブロック状のピースのことを「テトリミノ」という
  • テトリミノは全部で7種類
  • 1段消しを「シングル」、2段消しを「ダブル」、3段消しを「トリプル」、4段消しを「テトリス」という
  • ゲームボーイ版のBGMは『コロブチカ』というロシアの民謡

最後に

今日はテトリスについて覚えました。

以下から、これまでの「今日の学び」を見ることができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました