【今日の学び】テニスの「ベーグル」って何?

今日の学び

難易度★★★★☆

毎日何か1つを学びましょう!

今日の学びはテニスで使われる「ベーグル」についてです。

クイズアプリ「みんはや」では以下のように出題されています。

正解率30%の難問です!

定義

「ベーグル」とは・・・

テニスで、6-0で決したセットのこと

です。

背景知識

背景知識と一緒に覚えることが記憶の強化につながります。(以下のサイトを参照)

背景知識を箇条書きします。

  • 日本では「ダンゴ」ともいう
  • 「4-0」や「5-0」などになって、ベーグルが達成されそうな状況のときには、
    「(ベーグルの)香ばしい匂いがしてきた」と表現することもある
    そのまま6-0となったら「ベーグルが焼けた」と表現する
  • 2017年には錦織選手がベルダスコ戦で、第1セットでベーグルを食らうも、第2セットでは逆にベーグルを食らわせた。このようにベーグルを仕返すことを「ベーグル返し」と呼ぶ
  • 2018年、大坂なおみが「6-0」「6-0」と2回ベーグルを食らわせて勝利しました。このスコアは「ダブルベーグル」と称された

覚え方

印象に残る覚え方をすれば、それだけ記憶に定着します。

「ベーグル」はご存知の通り、パンの名前で以下のように輪っか状の形をしています。

「6-0」の「0」がこのベーグルの形を想起させますね!

「背景知識」でも述べた「ダンゴ」も同じく「0」に似た形をしています!

最後に

今日はベーグルを覚えました。

以下から「今日の学び」の一覧を見ることができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました