【今日の学び】アゼルバイジャンってどんな国?

今日の学び

難易度★★★☆☆

毎日何か1つを学びましょう!

今日の学びはカスピ海沿岸にある「アゼルバイジャン」についてです。

クイズアプリ「みんはや」では以下のように出題されています。

正解率35%の難問です!

スポンサーリンク

基本情報

位置:アゼルバイジャンはヨーロッパとアジアの境目あたりに位置しています。

アゼルバイジャンの場所 | アゼルバイジャン AtoZ
引用:https://ameblo.jp/azerb/entry-11935714001.html

カスピ海沿岸にあり、南はイラン、北はロシアやグルジア、西はアルメニアと接しています。

首都:バクー(バクっとされてアセるで覚えましょう(笑))

国旗:青はトルコ系民族、赤は近代化への決意、緑はイスラム教を表します。

アゼルバイジャンの国旗 - Wikipedia

特徴

背景知識と一緒に覚えることが記憶の強化につながります。(以下のサイトを参照)

背景知識を箇条書きします。

  • ナヒチェバン自治共和国という飛地を有している。
    (上の地図からも飛地を確認できる)
  • 独立を宣言しているナゴルノ・カラバフでは、アルメニアとの衝突が発生している。
    ナゴルノ・カラバフの位置は下図参照
ナゴルノ・カラバフ - Wikipedia

観光スポット

有名な観光スポットを2カ所だけ紹介します。

まずは「フレイムタワー」。

炎を象った3本のタワーがとても綺麗です。

引用:https://skyticket.jp/guide/78398/2

2つ目が「ヘイダル・アリエフ・センター」。

アゼルバイジャンの歴史を学んだり、近代的な街並みを見ることもできます。
非常に独創的な見た目ですね!

引用:https://skyticket.jp/guide/78398

最後に

今日はアゼルバイジャンを覚えました。

以下から「今日の学び」の一覧を見ることができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました