【今日の学び】ローレル指標、カウプ指標、BMI。肥満度指数を覚えよう!

今日の学び

難易度★★★★★

毎日何か1つを学びましょう!

今日の学びは肥満度指標の「ローレル指数」についてです。

定義

「ローレル指数」とは・・・

学齢期の児童の肥満度を測る指標

です。

体重(kg)を身長(m)の3乗で割って10をかけることで算出されます。

スポンサーリンク

肥満度の指標まとめ

主な肥満度の指標である、「ローレル指数」「BMI」「カウプ指数」について見ていきましょう。

ローレル指数
・体重(kg)を身長(m)の3乗で割って10をかける
・学齢期の児童を対象
・130±15%が標準値

BMI(Body Mass Index)
・体重(kg)を身長(m)の2乗で割る
・大人向けの肥満度指標
・22±15%が標準

カウプ指数
・体重(kg)を身長(m)の2乗で割る(BMIと同じ)
・幼児向けの肥満度指標
・年齢によって基準が分かれている

覚え方

ローレル指数とカウプ指数が混合しやすいので、しっかりと区別しましょう!

両者の大きな違いは「3乗で割る」か「2乗で割る」かです。

「ローレル」にはラ行がたくさん含まれているので、
ス「リ」ーで割ると覚えましょう!

もしくはBMIの計算式を既に覚えている方は、BMIとカウプ指数を紐付けて覚えましょう!

最後に

今日は肥満度指数を覚えました。

以下から「今日の学び」の一覧を見ることができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました